改修工事とは?改修と混同される用語や改修工事のメリットについて解説
種類
特徴
違い

【emmy】キャミワンピで着回しにチャレンジ!【ラインデザインキャミソールワンピース】#short #通販サイト #コーデ紹介

過去イチ可愛い、更新しました。💮GRLランキング上位の服いっぱい買った!全部着る!全10コーデ🌸

【夏コーデ】垢抜け出来るキャミワンピ【emmy】#short

2022年3月16日

02

【GRL】これを見たら絶対失敗しない!!人気ランキングの30着を全部着て本音レビュー!

03
【夏服爆買い】GRLで20点夏服爆買いしました【可愛くて困る】
【 GRL グレイル 】全23点!当たりアイテムの見つけ方✨/全部ハズレなし◎【 2022ss 】
この記事では、改修工事の概要や種類、混同される用語との違い、具体例について解説します。 
モナリザ ドルチェ&ガッバーナ ワンピース いちご">
 

建物に求められる居住環境・執務環境・性能・機能は、以下などにより年々高まっています。

  • 住まい方の変化
  • 働き方の変化
  • 設備機器の進歩

 

国土交通省がマンションの大規模修繕工事において、修繕工事や改良工事、改修工事の考え方について触れています。

工事の種類 内容
修繕工事
(リフォーム)
建物各部の性能・機能を新築時の状態に維持・回復を図る工事
改良工事 建物を構成する設備や材料を新規格のものに取替え、新たな性能・機能を付加する など
改修工事 
つまり、以下のスタンスを採っています。
改修工事(リノベーション)=修繕工事(リフォーム)+改良工事(グレードアップ)
 
改修工事を定期的(築12年、築24年、築36年)に実施することで、建物の老朽化防止・陳腐化防止ができます。 そのため、改良工事(グレードアップ)を含めた改修工事を行い、建物の価値を時間経過とともに相対的に持続させることが重要です。

  しかし、大規模修繕工事にかかる費用も増加傾向にあり、毎月徴収される修繕積立金では賄えなくなる傾向にあります。 それぞれ解説していきます。 対策としては、水の侵入を防ぐ防水工事によるメンテナンスが重要になります。

設備工事の種類 設備工事の内容
給水設備改修工事 屋内・屋外共用給水管、住戸内専用給水管の更生・取替工事、給水装置・給水施設(受水槽)のオーバーホール・劣化・損傷個所の修繕・取替工事
排水工事改修工事 屋内・屋外雑排水設備、汚水設備、雨水排水設備、屋外桝管路の劣化・損傷個所の修繕・取替工事
ガス・空調・換気設備改修工事
消火設備改修工事 屋内消火栓、連結送水管設備の劣化・損傷個所の修繕・取替工事
エレベーター設備改修工事 エレベーターのロープ、モーター、巻上げ機、カゴ、扉、制御盤等の劣化・損傷個所の修繕・取替工事
機械式駐車場改修工事 機械式駐車場の駐車装置、制御盤、検知装置、操作盤、昇降装置、安全装置等の劣化・損傷個所の修繕・取替工事

 

改めて、「改修」と混同されやすい用語について、その違いを下表にまとめました。

旧耐震基準(1981年5月までに確認申請承認)で建築された建物は、震度6以上で倒壊・崩壊する可能性が高いため、その対策として柱や梁、床を補強する耐震補強工事が必要となります。 なお、間取りの変更に伴い給排水管の配置変更も必要になります。
<例>
・4LDK→2LDKにする
・3LDK→1LDKにする
 

<例>
・1K2戸→1LDK1戸
 

改修工事の概要や種類、混同される用語との違い、具体例について解説しました。
国土交通省が公表する改修工事は以下の通りです。
改修工事(リノベーション)=修繕工事(リフォーム)+改良工事(グレードアップ)